■プロフィール

maharasa

Author:maharasa
趣味やら仕事をごった煮で書いてます!
旅行先や、日々の日常の中でであったデザインや、いろんな本を読んで書評なども書いてます。


相互リンクお待ちしております!
コメントに、気楽に書いていただけたら、気軽にリンクかけておきます!

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■リンク
■にほんブログ村

にほんブログ村

■人気ブログランキング

人気ブログランキングへ

■グリムス

ブログパーツを育てて、実際の森へ苗を植樹するサービス。

■ブログの殿堂

ブログランキング

■最新トラックバック
■あし@

あし@です!

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■これまで訪問した人の数

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
街で見つけたデザイン~その68~地下編から、地上そして沼へ
テレビのカイジも終わり、人の欲を扱ったアニメの面白さに驚きをかんじていました。

さぁ!生きた大谷石の竪坑探検も一気に行きます!

今回は地下に行きます!
竪坑19

工場独特のオレンジ色のライトが雰囲気を後押ししています。


最終便ということもあり、特別に最下層の作業場まで降ろしてくれました!
この階段を下りれば、最下層です!
竪坑20


ちなみに、この写真を撮っているのは、このような横穴から撮っています。
竪坑21

作業員の休憩場所でしょうか?パイプ椅子があります。
竪坑22

さぁ最後の階段を下りていきます!

竪坑23

地下に降りると、写真撮影会です!
さすがの写真家も撮る事はあっても、撮られることは無いだろうと!得意の隠し撮り(嘘)を行いました♪
竪坑24


さぁ!上を見上げます!

竪坑25

別のアングルからも抑えます!
こちらのほうが距離感が取れます!
竪坑26

ちなみに、地下は24時間水を吸い出していないと、一日で大量の水があふれてくるとの事です!
竪坑28



こうして、地下を後にしたわれわれは、地上へと向かいました!

地上から竪坑を見ると、その深さを感じます!
竪坑29

今、大谷資料館が休館中ですので、本当に残念ですが、
栃木にはこのような産業遺産が沢山あるみたいです!

という事で、生きた大谷石の採掘場の竪坑の潜入レポートを終わりにします♪

お疲れ様でした!











ブログランキングに参加しました。
もし、良かったらクリックして応援してください。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
街デザ~生きた大谷石採掘場、地下突入編 | 20:18:54 | トラックバック(0) | コメント(2)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。