FC2ブログ
 
■プロフィール

maharasa

Author:maharasa
趣味やら仕事をごった煮で書いてます!
旅行先や、日々の日常の中でであったデザインや、いろんな本を読んで書評なども書いてます。


相互リンクお待ちしております!
コメントに、気楽に書いていただけたら、気軽にリンクかけておきます!

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■リンク
■にほんブログ村

にほんブログ村

■人気ブログランキング

人気ブログランキングへ

■グリムス

ブログパーツを育てて、実際の森へ苗を植樹するサービス。

■ブログの殿堂

ブログランキング

■最新トラックバック
■あし@

あし@です!

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■これまで訪問した人の数

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
人を感動させるとは?~感動力/平野秀典
仕事をしていても、日々の生活を送っていても、心から思うこと、それは、人に喜んでもらうことですね!
ブログの記事を書いていても、「面白い視点ですね!」とかリアクションもらえると本当にうれしいし、こういうところで、喜んでもらえるんだ!と本当に勉強になります◎

そこで、ふと、心に気になる事が浮かんできました。

人を感動させる事って?どういうことなのか?という素朴な疑問です!

そのことに対する面白い本を見つけましたので紹介します。

『感動力/平野秀典・著』
感動力 (サンマーク文庫)感動力 (サンマーク文庫)
(2007/07/18)
平野 秀典

商品詳細を見る


本書のタイトルである、この「感動力」とは読んで字のごとく、人を感動させる力のことで、「感じて動く力」
心が動き、自分が動き、人が動く力のことだというのです!
それが、21世紀のビジネスにおいて重要な鍵を握ると筆者は言っているのです。

確かに、なかなか、全身に鳥肌が止まらないほどの感動って、なかなか味わえないですよね!
本書の中でも、現在感動が希少価値を担っていることに触れ、感動こそが、付加価値を持っている!といっています。


そのとおりで、良く、人が入る映画や、面白い漫画や、面白い小説は人の感情をうまく絡めたものが多いんですよね!ワンピースも、花田少年記も、伊坂幸太郎作品や、幕末の小説やら、坂の上の雲も、人の感情を絡め、感動させる作品や出来事に出会ってしまうと、入り込んでしまう!ようするに、気に入ってしまいます!


でも、実際感動力を高める方法とは?
二つのポイントがあり、
一つ目に、日常の中にある感動に気付けるようにアンテナを立てること。
二つ目に、表現力を鍛えることであり、「伝える」ちからではなく、「伝わる」力をつけなさいといっています。要するに、うまく言うんじゃなく他人と共感出来るようにガンバレということですね!



本書の中で、心から共感できたことは、次の二つですね!
一つ目に、
「人間は誰かに喜んでもらったときが、いちばん嬉しいと感じる生き物なのだ。」~本書より

そのとおりだと思います!やはり、友人や、家族が喜んでいる顔を見るのは嬉しいし、このブログを書いていても、リアクションがあると、心から嬉しいですよね♪


二つ目に、
売れない商品に共通している点を上げていますが、
「・・・自分たちが使ってみようとは思えないし、ましてや家族や友人に勧めようとは絶対に思わないから、商品の説明をしても、お客様の心にはまったく「伝わらない」。」~本書より
心から、伝えないと!
そんな、営業マンいやですね!妙に口がうまいより、解りやすく、なおかつ熱意と誠意がないと!



最後に、本書では感動させるために、意識をまわすことをススメていますが、その意識について、脳にも良い影響を果たすことも述べているので、是非とも、手にとって読んでみてください♪
人間の使われていない脳の部分を働かせるために、「意識の力」をつかう事が重要みたいです!



意外と、街デザで、街中や旅行先で変なものや、感動するものを探し回ってここで紹介しているのは意外と良いことなのかも!


なんて事で、今回の記事は締めくくります◎




ブログランキングに参加しました。
もし、良かったらクリックして応援してください。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト


書評~ビジネス書等について | 00:03:41 | トラックバック(0) | コメント(10)
コメント
maharasaさん、こんにちは。
いつも、ご訪問頂きありがとうございます。

良い本をお読みになっていますね。
NC Muroはコミュニケーション能力が足りなくて悩んでいるんです。
とても参考になります。

話は変わりますが、相互リンクして頂けますか?
まずは、当方のブログに貼らせて頂きます。
ご迷惑でしたらご連絡下さい。
2011-09-18 日 14:58:04 | URL | NC Muro [編集]
なんか、この本に興味が出てきました。

ブログも同じですよね。

なんか今まで気がつかなかったことに出会えれそうですね。
応援ぽちです・・
2011-09-18 日 16:51:44 | URL | motoch [編集]
>「伝える」ちからではなく、「伝わる」力をつけなさい
テーマは感動力ですが、なんだか子育てにも共通するなぁ。って思いました
一方的だとちびっこは見事に反抗したり逃げてゆきます
でも共感してくれると、たとえ掃除であっても楽しそうにやるんですよね
2011-09-20 火 02:18:51 | URL | コウママ [編集]
Re: タイトルなし
NC Muroさん
こちらこそ、コメント有難うございます。

この本は、オススメです、読みやすいビジネス書なので
是非とも、手にとって見てください。

特に、ビジネスには、使えそうです!

相互リンク喜んで、お受けします◎
こちらこそ、よろしくお願いします♪
2011-09-20 火 14:36:48 | URL | maharasa [編集]
Re: タイトルなし
motochさん
いつもいつも、コメント本当に有難うございます◎

本当に、ブログも同じだと思います!

ブログ初めて本当に、いろんなものを意識するようになりましたし、
いろんな人の記事も見るようになりました♪

応援ポチありがとうございます!
2011-09-20 火 14:39:30 | URL | maharasa [編集]
Re: タイトルなし
コウママさん
いつも、コメントアリガトウございます!

まさか、子育てにつながるとは、思っていませんでした!
まだ、子供がいませんが。。。難しそうですね・・・

共感することが重要なんですね!
勉強になります!
2011-09-20 火 14:44:53 | URL | maharasa [編集]
はじめまして
初めまして、いつもブログ拝見させてもらっています。

職場や家族、自分に関わる人たち・・・。

やはりそこには、共感や感動させる会話が
あるから、繋がっていけるんだと思います。

アートは見て、音楽は聞いて、そこには
感動があるから。

私もそういう言葉を発していけたらと思います。
2011-09-21 水 08:25:05 | URL | ラン・レモン [編集]
Re: はじめまして
ラン・レモンさん
コメントそして、ブログへの訪問ありがとうございます♪

やはり人って、繋がる事って、凄く重要なんだと改めて
感じます。

それにこれほどまでに、SNSなどのサービスが発展したのも、一つに
このネットの人を繋げるという特徴が大きな後押しになっているのだと
理解が出来ます。

そして、やはり
感動させる言葉に表現に対して自分も含め人は、渇望してると思います。


一時はやった泣ける・・・とかいう、ものじゃなく、
感動の押し売りでもない自然な感動をですね♪
2011-09-21 水 19:40:18 | URL | maharasa [編集]
人間は誰かに喜んでもらったときが、いちばん嬉しいと感じる生き物なのだ,,,そうですよね。

「ともに」、というコンセプトを相当重要視している生き物だと思いますね。
2011-09-22 木 06:35:32 | URL | TORU [編集]
Re: タイトルなし
TORUさま
コメント有難うございます♪

人は、「ともに」生きることで、反映しました。
以前、リョコウバトが全滅した話をオーデュボンの祈りの中で、
話が出ていましたが、
繁殖力が低く、相当数がいないと、種が残らないという話が出てましたが、

人も、同様に「ともに」生きることで発展を迎えたんだと思います。

2011-09-22 木 23:18:35 | URL | maharasa [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。