■プロフィール

maharasa

Author:maharasa
趣味やら仕事をごった煮で書いてます!
旅行先や、日々の日常の中でであったデザインや、いろんな本を読んで書評なども書いてます。


相互リンクお待ちしております!
コメントに、気楽に書いていただけたら、気軽にリンクかけておきます!

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■リンク
■にほんブログ村

にほんブログ村

■人気ブログランキング

人気ブログランキングへ

■グリムス

ブログパーツを育てて、実際の森へ苗を植樹するサービス。

■ブログの殿堂

ブログランキング

■最新トラックバック
■あし@

あし@です!

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■これまで訪問した人の数

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
街で見つけたデザイン~その70~どこかで、見たことあると思っていました。
生きた大谷石採掘の記事をしばらく続けていましたが、
あの空間を見たときに

どこかで、見たことある、体験したことある垂直の感じであると思っていました。
写真を見返していましたが、全く解りませんでしたが、
写真整理していたら気づきました。

それは、奈良にある東大寺の南大門を見上げた時の印象に似ているんです!
南大門見上げ-1

よく、芸術家や、デザイナーといわれる方々と話しているときに、
表面的な相似やら類似点を探しすぎるのは、よくないと思うとか、
そんなことに惑わられすぎであり、素人の目線だ・・・みたいな事が話に出ますが・・・



自分はそれは、違うと思います。

人間がもっている野生とでいうものでしょうか?
本能が嗅ぎつける類似点は、プロも一般の方も同じで、
むしろ、素人が!みたいな事を言っている人って・・・
単純に頭が凝り固まっている弊害で
人間がもっている普遍的な視点や、匂い、音に耳を傾けられないんだと思っています!


金を払うのは、一般の方たちだろ!
一緒に楽しまなくてどうする!

一緒に作るもんだろ!物は!
って思いますね◎

一般人とかプロとかそういうものを超えた
五感すらも超えた次元というものが、
必ずある!そう思いますね!
単純に、プロといわれる方々のプライドの城を守りたいだけの
言葉じゃないでしょうかね?

本当に、凄い人たちって、共通点が有るじゃないですか、そんな感じの事です◎



しかし、南大門、久しぶりに写真をみましたが、凄いです・・・
南大門見上げ-2

一応外観も紹介します!

南大門見上げ-3


ちょっと・・・ちょっとまて~い!
また、通報はしないでください!

たまたま、女子学生が映っただけですから!・・・本当です・・・

本当に、偶然です・・・って・・・










ブログランキングに参加しました。
もし、良かったらクリックして応援してください。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト


街デザ~いろいろ | 19:23:49 | トラックバック(0) | コメント(6)
コメント
ちょくちょく拝見させてもらってます。

南大門美しいですね。
修学旅行でしか行った事ないけど、また行ってみたいです。

いわゆるプロって人たちはこだわりが強く、
自分たちを特別視したい傾向にあるようですね。

確かにプロには素人に無い視点があったりはするんでしょうが、
どちらも所詮は人ですよ。
多少の違いはあれど大きく違う訳が無い。

この記事に書かれていることに関しては全く同感です。

そんな中でもプロ中のプロみたいな本当に凄い人は、
そういったプライドが無い様に思います。

玄人素人を分けたがる人はハンパなレベルの人っていうイメージがありますね。
2011-10-02 日 10:38:25 | URL | sakakkey [編集]
こんにちは、ナイス女子校生ですね!

さすがです(笑)

迫力ありますね。伝わってきましたよ。
2011-10-02 日 13:33:10 | URL | motoch [編集]
意外に、素人の人の言葉に心動かされる。
そういう感性をお持ちの人に興味が湧きます。

何か極めても、そういう気持ちを大切に
歳を重ねたいとも、思います。

素晴らしいです!!匠の技。。。。
2011-10-02 日 19:52:57 | URL | ラン・レモン [編集]
Re: タイトルなし
sakakkeyさん
こめんとありがとうございます!
南大門美しいですよね♪
自分も、修学旅行で行ったときはこの美しさよりも、クラスの女の子に興味がいってました・・・(笑)
思春期真っ盛りです(笑)

もし、あの時この建物の面白さがわかっていたら、今はもっと違って見えていたんだろうと
少し後悔しています・・・(泣)


おっしゃるとおり、プロといわれる方々は、
妙なこだわりが有ります。
そのこだわりが、作品にとって良い方向へ向かえばいいのですが、
大体は、弊害を生んでいます。
世に言う自己満足といわれるものだと思っています!

おっしゃるとおり、本物は違います!

プロ中のプロといわれる、どうにもこうにも
理解が出来ないぐらい、凄い次元の人っていますよね!
そういう方々って、
みんな、変なプライドが無いんですよね!
自分もその通りだと思います!


やはり、玄人と素人の線引きなんて興味が無くなって、
人間本来がもつ、普遍的なものに興味があるんだと思います!

時間というふるいに耐えられる、今を超えるものを
求めているからなんだとおもいます!

共感ができて本当にうれしいです!
2011-10-02 日 21:06:55 | URL | maharasa [編集]
Re: タイトルなし
motochさん

コメントありがとうございます♪

ナイスな迫力の女子校生ですよね!って文法をちょこっとごちゃ混ぜに変えるだけで、
意味が早代わりです!

このコメントだけ見たら、一発で自分ただの犯罪者ですね・・・

って、本当に、南大門を撮ったら写っていただけなんです!
2011-10-02 日 21:17:07 | URL | maharasa [編集]
Re: タイトルなし
ラン・レモンさん
コメント有難うございます!

一般の方の才能って意外と馬鹿にできませんよね!

こんな事を言っていると、
一般人に迎合していると思われるかも知れませんが、

そんなことが、問題なのではなく!

一般人の視点からも学ぶ真摯な気持ちを持っている人が
一生成長期の化け物なのかと思います。



しかし、本当に南大門の匠の技!面白いです!
当時の技術に驚かされます!

ラン・レモンさんのコメントを読んでいたら!
反省させられました(笑)アザッス!
2011-10-02 日 21:23:22 | URL | maharasa [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。