■プロフィール

maharasa

Author:maharasa
趣味やら仕事をごった煮で書いてます!
旅行先や、日々の日常の中でであったデザインや、いろんな本を読んで書評なども書いてます。


相互リンクお待ちしております!
コメントに、気楽に書いていただけたら、気軽にリンクかけておきます!

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■リンク
■にほんブログ村

にほんブログ村

■人気ブログランキング

人気ブログランキングへ

■グリムス

ブログパーツを育てて、実際の森へ苗を植樹するサービス。

■ブログの殿堂

ブログランキング

■最新トラックバック
■あし@

あし@です!

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■これまで訪問した人の数

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
街で見つけたデザイン~その76~tear drops 涙のしずく
建物から、涙が降ってきました!

美しい涙が輝いています♪

tear drops1


かつて、ある建築家は自分に言いました!

建築は中性的で、インテリアは身体的であると。
現在も、その言葉の意味は完全に理解は出来ていませんが、

この写真を観ると少しわかります。

建築の空間はすべてを受ける器であり、照明などインテリアが性格を決めるということでしょうか?

これも、一つの回答であり、完全な正解ではないので♪世の中は大変面白い!
その建築家の方の言葉も正解であり、間違いであると思っています♪


大切なことは、何を感じ取るか!ですね!


それにしても、照明一つでこれほどカワイイのはたまりません♪

ちなみに、これは長野の松本市民芸術館のカフェテリアの中です◎







ブログランキングに参加しました。
もし、良かったらクリックして応援してください。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト


街デザ~いろいろ | 13:52:19 | トラックバック(0) | コメント(10)
コメント
ホントだ!!

キレイな涙みたいですね(*・▼・*)
これはお部屋に3こくらい欲しいな★
2011-10-07 金 15:24:04 | URL | まりん★★ [編集]
うぅん、まさしく、涙のしずく!

あったかくてかわいい、涙のしずくですね。


建築家のお言葉も、ほぉ。。っと思ったけれど、
どんな答えも正解で間違いだから世界はおもしろい!ってmaharasaさんのお言葉のほうが、ぐっときました。

そうやって、感じる器って、どこまでも深く広くなっていけるんですね!


このカフェテリアで、ゆっくりお茶してみたいなぁ。。

*まりこうた*
2011-10-07 金 15:56:01 | URL | まりこうた [編集]
窓に映る涙も、下から見たらどんな風に
見えるのだろう・・・・。

全てを受け入れる器があるから、涙が映えるの
かもしれないですよね~。

素敵ですねぇ、美術館とかのCafeは本当に
ゆったり時間の中にうもれられる気がしていいなぁ。

また、外の信州の緑、素敵です。

2011-10-07 金 19:42:54 | URL | ラン・レモン [編集]
はじめまして 初コメントです

この照明をぱっと見たとき妖精の集落のように見えました

窓に映ってたくさん見えるというのは面白いですね
2011-10-07 金 21:20:36 | URL | ほの友 [編集]
Re: タイトルなし
まりん★★さん

コメントありがとうございます♪

綺麗ですよね!
発見したとき涙だ!とびっくりしました!

自分も、部屋に欲しいです♪
天井からつるせば、本当にいい雰囲気になりますよね◎
2011-10-08 土 02:19:37 | URL | maharasa [編集]
Re: タイトルなし
*まりこうた*さん

コメントありがとうございます♪
確かに、あったかいです♪
このデザインのおかげで、印象も温かくやわらかく感じます◎

いやいや、自分は・・・アザッス!
ほんと、まりこうたさんや、ブログを観てくれている方々は
話を良く聞いてくれて、共感していただける方が多くて、本当にうれしいです!

ブログをやっていて、驚くのは、
皆さんの反応の良さと、感覚の鋭さですね!


このカフェテリアでは、ゆっくりな時間が流れています♪
2011-10-08 土 02:23:33 | URL | maharasa [編集]
Re: タイトルなし
ラン・レモンさん
コメントありがとうございます♪

映りこみは多少意識していましたが、まさか、指摘されるとは思っていませんでした!

おっしゃるとおり、下からの写真を残さなかったのが、本当に心残りです・・・
そして、この建築としての器がすばらしいんです!

美術館のcafeは、一つの目玉です♪
実は、cafeがすばらしい美術館は、良い美術館!という持論をもっています♪

来館者への配慮への心配りを行っているかどうかが、やはりサービスに影響していますね◎

信州の緑、周囲の自然は本当にすばらしいです!
2011-10-08 土 02:28:49 | URL | maharasa [編集]
Re: タイトルなし
ほの友さん
初コメントありがとうございます♪

「妖精の集落」良い表現だと思います◎
その言葉を聴いてもう一度写真をみると、また、違って見えてきます♪

本当に、十人十色の感じ方でブログの記事を書いた自分としても大変面白いです◎

映りこみの指摘は、鋭いです♪

もしかしたら、映り込みが主なのかも、しれませんね!

コメントありがとうです♪
2011-10-08 土 02:32:31 | URL | maharasa [編集]
涙というのは外からの光を受けて輝くというのに、この涙は自らが光を授ける、というのは面白いコンセプトですね。

あ、リンク貼らせてもらっていいですか?
2011-10-09 日 03:01:29 | URL | TORU [編集]
Re: タイトルなし
TORUさん
叙情的な詩のような、事を言いますね♪
素敵です◎

リンク大丈夫です♪
ありがとうございます。
自分もこれからリンクかけておきます◎
2011-10-09 日 10:13:58 | URL | maharasa [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。