FC2ブログ
 
■プロフィール

maharasa

Author:maharasa
趣味やら仕事をごった煮で書いてます!
旅行先や、日々の日常の中でであったデザインや、いろんな本を読んで書評なども書いてます。


相互リンクお待ちしております!
コメントに、気楽に書いていただけたら、気軽にリンクかけておきます!

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■リンク
■にほんブログ村

にほんブログ村

■人気ブログランキング

人気ブログランキングへ

■グリムス

ブログパーツを育てて、実際の森へ苗を植樹するサービス。

■ブログの殿堂

ブログランキング

■最新トラックバック
■あし@

あし@です!

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■これまで訪問した人の数

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
21世紀は普通の人々の時代だ! / Flow ~For Love Of The Water
今日は皆さんの貴重なお時間を少しください!できれば、下の動画を見てみてください。


水とは、無尽蔵に与えられる資源なのでしょうか?

昨年、水問題を考える機会が有り図書館でナショナルジオグラフィックを手に取り、
そこで水の問題にさらされている世界の現状に初めて直視し、衝撃を受けると同時に、
自分の無力をうらみ、情けなさを痛感したものです。
同様の感覚を最近得ました。それも、夕食の団欒の時間に観たDVDによって、

FLOW ~For Love Of The Water



~愛のない人生はよくあるが水のない人生は皆無だ~
~Thousands have lived without love, not one without water~

詩人W・H・オーデンの衝撃的な言葉でこの映画は始まります。

この映画を知っている日本人は少ないと思います。正直弟に進められるまでは、
この映画の存在は全く知りませんでした。
なぜなら、日本では放映すらされていないという現状だからです。
単に、日本の映画産業のジャンルとしては興行収入を見込めないと思った為でしょうか?
全く、我々日本国民を馬鹿にしているとしか思いませんね!
本当に必要な知識、知恵にはお金を出してでも得る、日本国民の水準を馬鹿にしてはいけない!

この映画はどんなホラー映画よりも怖い真実のドキュメント映画です。
日ごろ、口にする水、毎日入るお風呂や、シャワー。
それらすべての水は、無尽蔵に与えれる物なのでしょうか?

それは、違います。毎年水不足に関する死亡者数は200万人。
この数字が示す先にあるものはいったい何なのか?
綺麗な、飲める淡水を求めて世界では様々な紛争が起き、
そして、人々が土地を蝕む水の企業に対して立ち上がり動いています。
資本主義の現代のシステムに対する、アナログな人間の抵抗のようにすら感じます。
自分の足で、話し合いで、この現実に向かい合う。

水を、水資源を軽々しく扱うな!とこの映画はそう強く訴えます!
水は、誰かの所有物ではなく、公共の資源なのです。と訴えます!
水を、金儲けにするのは間違いなのだ!と訴えます!


ビジネス、金儲けにルールは必要です、それは、ビジネス上のルールだけでしょうか?
それは、違うと思います。
人としての倫理こそ、何よりも通さなくてはいけない共通理解であり、
人が人である唯一の保障だと信じています。


水のビジネスが世界を蝕む、貧困層をより貧困にし、新しい悲劇を生むテロの温床へと導く。
ビジネスには、体温というものは必要ないのでしょうか?


3.11東日本大震災発生後、首都圏のライフラインも落ち着いた頃にある方と会い話をしていました。
ある方は、自分に得意げにある言葉を口から発します。

「友人が、水のビジネスをやっていて今、すごいらしい!」

正直、この言葉を聞いたとき嫌悪感しかでてきませんでした。
このことを地震発生当日夜に、災害救助のため現地に駆けつけた日赤職員の弟に言ったら、
頼むから日本から出て行って欲しいと言われました。
「金のためなら心を売っていいのか?」「成功するためにはしょうがないことなのか?」


きっと、このような考えを持ってしまっている自分は、彼らのような財産は築けないと思う。
しかし、彼らが見れない光景を見ると思います。それは、人の本当の笑顔だと信じている。
本当に、理想主義のばかの貧乏覚えですね。


一方、自分の後押しをしてくれた素晴しい出来事もあるんです。
3.11以降の自分の進退で非常に悩んでいるときにかけてくれた言葉で、
ある病院経営者で大株主の方とおばさんの会話から出た言葉です。
「いま、地震後で建材の値段がこれから、跳ね上がる、今ものすごく儲かるのがわかる、
だが、俺には出来ない!出来ないんだ!人の道理を超えてしまうような気がしてしまって、今金儲けをするのは、
人ではない、獣でもない、単なる欲望だ!俺には、それが出来ないんだ?これは、間違っているのか?」

おばさんは「間違いではないよ。私も出来ないよ、人だから。」と言葉をかけてあげたそうです。


ビジネスとして儲けるのも、儲けないのも、
どちらも、正解なんだろう。


この映画は水ビジネスと水の汚染が取り上げられています。
水の汚染により、母乳から汚染物質が出てきたり、世界的に精子の量が減ったり、
雄カエルが雌カエルへ変化したりと、水により様々な問題が発生してきています。

水は我々の生活には切っても切れない存在です。

それを、ビジネスに、それも単なる金儲けにしてはいけない。
自分が言っているのは、水ビジネスを否定しているのではない、
不当な利益と不当な価格を設定すべきではないという答えです!
特に、発展途上国の貧困層に対して。
かつての植民地時代のような搾取がまた水によって繰り返されています。


この映画で最後に出てくる、水に対する抗議と人々の動き、
自分には、かつてのフランス革命や、明治維新の動きとダブって見えてしまうのは自分だけではないと思います。


最後に、日本の豊かな水資源への感謝と、この水道のシステムと、海外の水産業から日本を守っている、役人の能力の高さに感謝をしてしまいます。




本当に長くなりましたが、この映画一度目にしてみてください!






ブログランキングに参加しました。
もし、良かったらクリックして応援してください。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




人気ブログランキングへ
スポンサーサイト


映画 | 14:16:19 | トラックバック(0) | コメント(26)
コメント
かみしめて映像見ました。
この映画知りませんでした。
普段節水を意識しているつもりでしたが、
つもりではだめなんですよね・・・
私もビジネスを否定するつもりはありませんが、
災害に便乗するようなやり方は、やっぱり心が曇ります。
う~ん・・・言葉が出てきません・・・。
それほどずっしりきました

2011-10-28 金 17:48:44 | URL | *am*blue [編集]
こんにちは(^_^)

あまり目立ってはいませんが、日本の企業も海外での水ビジネスに大きく関わってるみたいですね。

日本の高度な水道の技術は海外、特に新興国で注目、導入されているみたいですね。

砂漠を緑地化する事も可能な現代であっても、きれいな水が十分に享受できない国と地域がある・・・

難しい問題ですね・・・
2011-10-28 金 18:45:02 | URL | ron3par3 [編集]
同意です!金儲けの為ではなく人助けの為の技術を考えて欲しいと思います。
 お金は必要最低限幸せに生きられるだけで充分だ!と考える僕です。

 自分と大切な人を幸せにできる財産は確保すべきですけどね(´∀`*)
2011-10-28 金 20:22:59 | URL | †Knight [編集]
水問題
私たちが住む地域は、水道の水がすべて地下水。
他県からみると、とても贅沢なことです。大切にしたい。
もっともっと、水に関する教育も、していいと思います。


資源は、無期限で使えるものではありません。

水の湧き出る場所も多く、何十か所と水汲みに
行きましたが、その近くに、水工場が建っているのを
みると、水をくみながらも、この水もお金で買う人たちが
いるのだと、複雑~な気持ちになります。

いつも湧水地に、ありがとうございました。
との言葉をかけて、その場所を去ります。

自然に、生かされている私たちだと本当に思います。
2011-10-28 金 20:31:48 | URL | ラン・レモン [編集]
東日本大震災で、水を売るバイヤーが避難されましたね・・・
しかしこれは自分は当然な事と思っています。

こんな大惨事を逆にお金儲けにしようなどと思う人間はどうかしているのだと思いますよ・・・

しかし、日本はダムを作っては村を沈めて、一部の方が被害を被っていますが、
現在では文明の理として、大変その恩恵にあやかっていますよね・・・

水のビジネス一個取り上げてみたら、色々な人が出てくるのも悲しいことだとおもいます。

しかしながら、人としての心を保つ方の方が、人間としてとてもかっこいいし、強い感じがします。

それについて、とても共感しました。
2011-10-28 金 20:41:53 | URL | いさばや [編集]
水は
こんばん(b'v`★)b わっ♪
家の近くに水源地があり社がまつられていて・・・
小さい頃からここへは入ってはいけないと言われてました(-_-メ)
神様がいると・・・
水も、電気も、何でも本当に必要な分だけ使っていたら・・
もっと大切さを知る事が出来たかもしれませんね~
私も含め・・人間てなんでストックしたがるんでしょうね~
いわゆる余剰です(-_-メ)
結果無駄にしてしまうんですが・・・
水や空気や電気がなくなるなんて考えられない位怖い話ですねww
2011-10-28 金 21:10:09 | URL | マリリンカ [編集]
いずれ、本当にそういう金儲け主義だけの人が本当に死ぬ目にあうぞ
少なくとも彼等より怖い組織が出来上がればそこにいる奴等は皆裏切る
高額な報酬があるから我慢しているだけでね

前のバイト先は
わずかなバイト代とてめえ勝手な店長候補、そして5人もやめた環境
うち3人は理由つき
マネージャーとオーナーは厳しいけどすごく良い人だったので
そこだけ後悔しています
正式に仕事決まっても引きとめようとしたドアホ店長候補みたいな人間増えたら絶対殺し合いなると思う
2011-10-28 金 21:31:36 | URL | ぺけぺけ [編集]
こんばんは
「水が欲しければ買えばいいんだよ」
この言葉に全てが詰まっている気がします。

2011-10-28 金 21:47:22 | URL | 江@隊長 [編集]
こんばんはっ。

アタシの住む地域は毎年水不足に悩まされてます。(今年は大丈夫みたい)
特に子供の頃は渇水がひどくて、他県から給水車が来て
配給された水を容器に入れて少しづつ大事に使ってた記憶があります。
だから水のありがたみはものすごく感じますね。

なので「水」をビジネスに使うのはわからなくも無いですが
本当に困ってる人たちを相手に不当な利益を得ようとする
人間の強欲さは許せませんね。

改めて水に対して考えさせられました。
ほんといい映画を教えて頂きありがとうございました!

2011-10-29 土 00:00:58 | URL | eko+ [編集]
こんにちは。
私は自分が特に秀でるものもないけれど、欠点も目立たないよう努力する「普通の人間」であると自覚しています。一握りの優秀な人たちが切り開いてきた社会を受け入れて信じて生きている普通の人間です。
「21世紀は普通の人の時代だ」
普通の私が、普通の私達が何かを考え、動く時代が来ているんですね。

ビジネスは人が生きていくために人が作り出したもの。
人の為にならないビジネスを受け入れる理由を私は見つけることが出来ないのです。

この映画の存在を教えていただいて感謝しています。

普通の人間を自覚している私はきちんと映画を見て、考えてみたいと思っています。


2011-10-29 土 10:11:25 | URL | jamjam7 [編集]
環境屋さんの中では水の問題は相当前から議論されているけれど、年々深刻になって来ました。

このエントリーを書かれたことを、尊敬します。
2011-10-30 日 08:53:58 | URL | TORU [編集]
ナショナルジオグラフィックはずしんとくる記事が多いので、たまに手に取りますが、水問題のときは見逃してました。映画も知りませんでした。
甘い考えかもしれないけど、コモン・ピープルの時代だという言葉を信じたいです。
心のないビジネスをする人が出てくるのは悲しいこと。
ただ、どのビジネスに心がないのかをコモン・ピープルは知る努力をしなければならない時代なのだと思っています。ペット産業しかり、水産業しかり。因果応報という言葉を心ないビジネスに教えたいもんです。
知らないという人がなんと多いことか。知らずに体温のないビジネスの顧客になっている。
まずは知ること。そこからなんですよね。映画の公開を願います。
2011-10-30 日 15:09:09 | URL | Barビーンズ [編集]
Re: タイトルなし
*am*blue さん
コメント有難うございます。
この映画は、本当はテレビで流すべきな内容のものだと思います。
本当は小学校などの道徳の時間などで流すべきですよ!・・・今は道徳がないのかも知れませんが、

やはり、災害に便乗するのはどうかと?
特に、水は、生きていく上でどうしても必要なものなので、
生活必需品にはやはりルールが必要かと思います。

正直言いまして、
自分も言葉が出てきません・・・
ですが、何か?熱いものを感じてしまいます。
2011-10-30 日 18:59:53 | URL | maharasa [編集]
Re: タイトルなし
ron3par3 さん
コメントありがとうございます。
日本の水道の技術と、海水を淡水に変える日本の技術。
これは、誇れることでありますし、

淡水が少ない地域にとっては、まさに神の恵みのような技術であると思います。

日本の技術が、世界を助ける可能性があると考えられるだけでも、心が救われます。

水で、格差が生まれてしまう。今後それに拍車が掛かるのだけはどうしても避けてもらいたいです!

そのためには、このようなドキュメント映画がテレビで流れたり、
小学校、中学校、高校で流れる事を心から願います。
2011-10-30 日 19:26:57 | URL | maharasa [編集]
Re: タイトルなし
†Knight さん
こめんと有難うございます。

意見賛同本当に、有難うございます!
人助けの為の技術、本来それこそが目的なんだと思います。
世の中には、『社会貢献』という言葉を掲げていろいろな活動が行われていますが、、、

正直信じられるかどうか?
『社会貢献』という言葉を使われると、一気に胡散臭く感じてしまいます。

イメージアップというものが見えてしまいます。

自分も、自分と大切な人とお世話になった人が幸せになる財産は確保すべきですよね!
2011-10-30 日 19:42:58 | URL | maharasa [編集]
Re: 水問題
ラン・レモン さん
コメント有難うございます。
地下水を飲めるのは、本当に素晴らしい地域だと思います。
大地が水を浄化し、それを口にできる。

まさに、地球の高度なシステムの一部に属しているという特権を体験できていますね。

自分も、『水の教育』に賛成です。

一部で、地下水を汚いと見る方もいますが、自分は、水道管の汚れはどうなっているのか?そちらの
方が気になりますが・・・

いつの頃からか、自動販売や、コンビニで水を買うような生活になったのかわかりませんが、
工場から送られてくる我々の口に入る水、
それが水道の蛇口から出てくるという生活は、本当に大切に守りたいですね!

『自然に、生かされている私たち』
この事が本当に気づかなくてはならない大切なことなんだと思います。
本当に、反省します。
2011-10-30 日 20:07:34 | URL | maharasa [編集]
Re: タイトルなし
いさばや さん
コメント有難うございます。

東日本大震災でも、水のバイヤーが非難されていたんですね。
知りませんでした。

自分もそれは、至極当然なことだと思います。
ダムに関しても、良い面と悪い面、両方あるのは実際のことなので、何とも難しいことで、
一朝一夕にダメとか良いとはいえませんね。

『人としての心を保つ方』
単なる理想であるといわれたら、理想なのかも知れませんが、
やはり、これは大切なことだと思いますね!

心を保つ。やはりこれこそが大切なことだと思います。
2011-10-31 月 00:05:50 | URL | maharasa [編集]
Re: 水は
マリリンカ さん
コメント有難うございます。
水源地のそばの神社。
かつての日本は、水のみならず様々なものに対して敬意を払いながら
寄り添いつつ、生活を送っていましたね!

その感謝の心は、今も本当は大切にするべきなんだと思います。

マリリンカさんのおっしゃる「人間のストックしたがる・・・」、
まさに人間の欲だとおもいます。それが今の社会を発展させたのは、
紛れもない事実ですが、それが過剰になりすぎるのは、
人の手を離れ、人を超えて逆に、人に対して刃を向く存在なんだと思います。
欲こそが、諸刃の刃の現況なんだと思います。

いや!本当に、怖い話ですよね!
共感できて本当にうれしいです!
2011-10-31 月 00:19:18 | URL | maharasa [編集]
Re: タイトルなし
ぺけぺけさん
コメント有難うございます。
自分も同感です!

自分もそのうち本当に痛い目にあうと思います。
力を使わない運動であったとしても!


抑圧された感情がある限界を超えると、誰も止められない大きな流になると思います。
革命も同様な流から起こった現象でしょう!


ぺけぺけさんのおおっしゃる、バイト先で起こったことも!
抑圧された感情がある水準を超えてしまったためかとおもいます!
2011-10-31 月 01:29:11 | URL | maharasa [編集]
Re: タイトルなし
江@隊長 さん
こめんとありがとうございます。

「水が欲しければ買えばいいんだよ」
自分も、この言葉、本当にいやな言葉で、
気分が悪くなります!

人を見下した意見で、相手の立場を理解したりイメージが出来ない
横暴な、可塑化した脳の言葉だとしか考えられません!

江@隊長 さんがおっしゃっている通り、
この言葉に全てが詰まっています。

言葉はその人から発せられる結晶体ですから!
言葉こそが、その人を表しますね!
2011-10-31 月 01:38:49 | URL | maharasa [編集]
Re: タイトルなし
eko+ さん
こめんとありがとうございます。
日本でも、水の問題がある地域は本当に水の価値を痛感しているんですね。

本当に、恥ずかしいのは、自分のような水道の蛇口をひねれば、無尽蔵に水が出てくる地域です。
水の価値を忘れてしまいます。

人間の強欲は、文明を発展させた面を持ちますが、
一方で、地球の高度なシステムを破壊することと、
eko+ さんがおっしゃるとおり、
『困っている人達に対して、不当な利益を求める』という点が大きく問題です!


是非とも、この映画を観るチャンスを得て、是非とも観てください!

本当は、小学校や、中学、高校、などの学校機関でこの映画を放映してもらいたいですね!
2011-10-31 月 10:19:05 | URL | maharasa [編集]
Re: タイトルなし
jamjam7 さん
コメント有難うございます。
「普通の私が、普通の私達が何かを考え、動く時代が来ているんですね。」
その通りだと思います。
ネットが普及し、かつて手に入りにくかった情報が、
自分の行動で手に入る。

「普通の私達」が行動を起こせる時代ですね!
小さな力であっても、集まることで大きな流れになる。そう信じています。

自分も、人の為にならないビジネスは受け入れがたいです!
同感です!



是非とも、この映画を観てみてください!
きちんと、手に入れるべき情報だと思っています。

水について、考える時代なんですね!
2011-10-31 月 14:19:11 | URL | maharasa [編集]
Re: タイトルなし
TORU さん
今、日本ではエコやら環境というキーワードが流行っていますが、
なぜ?や根拠は問われていない、非常に表面的なファッションのようなものになってしまっています。

非常に残念です。

日本が、国民が変わり始める時期はもうすぐ来ると本当に心から願っています。
2011-10-31 月 14:30:03 | URL | maharasa [編集]
Re: タイトルなし
Barビーンズ さん
コメント有難うございます。
ナショナルジオグラフィックの記事は、本当に素晴しい内容ばかりで、手に取ると毎回視野が広がる体験が出来ます。
この映画は、本当に素晴しい映画です!日本では、放映されていないので残念ですが。

甘い考えであっても、一般の人と言う考えがひろがり集まることで大きな流れになります。
一度動き始めた流れは誰にも止められない、大きな力になりますね!

重要なのはおっしゃる通り、我々は知ることでしょうね!
知らない人が多いこと、
これは当然のことです、普通の人である、我々が情報を知ってしまうことで
操作するのが難しくなってしまうからでしょう。

ただ、全ての水産業が悪というような単純な見方が生まれてしまうという問題も避けなくてはなりませんね!
人を助ける水産業があるのも事実です!
3.11の時にも、日本のペットボトルの水産業が、被災地に飲み水を送るなど
本当に素晴しい行動を起こしたように感じています!

本当に必要な情報と、正しい情報を得る行動を心がけないといけませんね!

この映画が、学校で子供たちの目に映ることが重要なような気がします!
もし、子供の頃から水の教育を受けていたらきっと変わると思います!
2011-10-31 月 14:43:32 | URL | maharasa [編集]
お久しぶりっす。

「21世紀は普通の人々の時代」
まさに俺もそう感じていました。

いつの時代も本当はそうだったのではないかとも思います。
偉人は一人で何かを成し遂げた訳ではないのです。

いつだって偉業の影には普通の人達が隠れています。
この記事の本質はちょっとズレてしまいましたが・・・

予告動画拝見しました。
鳥肌が立ち、目頭が少し熱くなりました。

上手いコメントは出来ませんが、「心」が何かを感じる記事でした。
考えさせられます。
2011-11-01 火 07:50:50 | URL | sakakkey [編集]
Re: タイトルなし
sakakkeyさん
最近sakakkeyさん見えなかったから、体調を崩しているか?お忙しいのかなと
少しさびしかったです!

何なんでしょうか?このパソコンの画面の無機質な文字にも、その文字と
コメントを書く人の個性はやはりにじみ出てきますね!
特に、何度もコメントを書いてくれている方は、
大体、文面を読むと、これは、だれだれだな!とか直ぐにわかりますね!
だからこそ、時々見なくなると、さびしくなりますね!


本当に、お久しぶりッス!


『いつの時代も本当はそうだったのではないかとも思います。
偉人は一人で何かを成し遂げた訳ではないのです。』

特に、21世紀はさらに普通の人に焦点が当てられると思います。
これまでの、大きなビジネスによって抑圧されてきた人の我慢が
沸点に近づいているんだと思います。

sakakkey の言いたいことは、ずれているとは思いません!
大切なことは考えることと、感じること!
そこで、生まれた考えは、決して間違いではないんです!

これまで、偉人が行ってきた事を21世紀は、
普通の人が行えるんです!

それは、今の時代は情報が手軽に手に入るからだと思います。


是非とも、この映画DVDでしかもう全ては観れませんが、
一度観てみてください!
きっと、重要な何かを教えてくれます!

自分もsakakkey さんと同様に、目頭が熱くなりました。
そして言葉にならない感情を抱きました。

きれいなまとまった言葉は要りません!
気持ちのこもった言葉こそ、本当に心に残るし、伝わりますね!
sakakkey さんの気持ち伝わりました!
2011-11-01 火 22:27:51 | URL | maharasa [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。