FC2ブログ
 
■プロフィール

maharasa

Author:maharasa
趣味やら仕事をごった煮で書いてます!
旅行先や、日々の日常の中でであったデザインや、いろんな本を読んで書評なども書いてます。


相互リンクお待ちしております!
コメントに、気楽に書いていただけたら、気軽にリンクかけておきます!

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■リンク
■にほんブログ村

にほんブログ村

■人気ブログランキング

人気ブログランキングへ

■グリムス

ブログパーツを育てて、実際の森へ苗を植樹するサービス。

■ブログの殿堂

ブログランキング

■最新トラックバック
■あし@

あし@です!

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■これまで訪問した人の数

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
良心とは?~良心をもたない人たち/マーサ・スタウト著
家の本棚に、見たことのない本が存在してました。
そのタイトルが、印象的で手に取ってみたところ、恐ろしい内容がその中に書かれていました。

その本は、
「良心をもたない人たち~25人に1人という恐怖」マーサ・スタウト/著、木村博江/訳
です。


生きていると、なかなか、理解の出来ない人たちというのは、存在していますが、
そういう人たちは存在するものとして、考えていました。


平気で、嘘をつき、利己的に走る人々、
そして、他人を支配する種類の方々です。


この本を手にとって、わかったのは、完全な、病気に近い状態なのだということです!

そして、この良心欠如がアメリカ社会には、25人に1人の割合で存在しているという事実には、驚きよりも恐ろしさを覚えます。



本書のすばらしい点は、そのサイコパスといわれる良心を欠いた人々と出会ってしまったときの心持のようなものが紹介されており、大変心強い事です。

かれら、サイコパス(反社会的人格の一種を意味する心理学用語であり、主に異常心理学や生物学的精神医学などの分野で使わている。(wikipedeiaより))は、良心を持つ人々の同情心に入り込み、人を傷つけ、言葉巧みに操り、人を支配しようと入り込み、


そして彼らは、その正体がばれそうになると、空泣きを使い、それ以上の追求をさせなくしたり、または、逆恨みをし怒りだし相手を脅し遠ざけようとするという。




本書の中で、良心のない人に対処する13のルールというものが紹介されていますが、
その中で、もっともすばらしい対処法を紹介します!


『しあわせに生きること。』~本書より


抽象的で、よくわからないといわれるかもしれませんが、
このことが、彼ら、サイコパスに対する最高の報復になることなのだと!いうんです。




最後に、

良心とはいったい何なのか?本書の中で、良心の本質というものが紹介されています。

「・・・人間の奇跡とも言えるのが、私たちのほぼ全員-一部の例外をのぞき-に共通するものがひとつあることだ。それは、ほかの人間にたいする深い愛着だ。感情的愛着は私たちの一部であり、体や頭脳を構成する分子にまでそなわっていて、私たちはときどきそれを強く思い出す。遺伝子の中で芽を出し、あらゆる文化や信念、多くの信仰にまで渦のようにのびていく。それは私たちがみなひとつだという理解のはじまりを、ささやきかける声だ。その期限がなんであろうと、それが良心の本質なのだ。」~本書より。


そして、良心は、一見するとビジネスのチャンスを奪ったり、足を引っ張ったりする厄介なものですが、その良心を持つことの後押しをしてくれる言葉が、本書の中にありました。


「良心をもっていると、あなたは自分の思いどおりにできないかもしれない。物質世界で素早い成功をなしとげるために必要なことができないかもしれない。富も名声も手に入らなず、つらい目に遭うかもしれない。でも、良心の欠けたうつろな、危険好きの人たちとちがって、あなたの人生にはほかの人たちといることから生まれる温かさがある。そして迷いも、激しい怒りも、快さも、喜びも感じることが出来る。そして良心があれば、愛という最高のリスクを受け入れるチャンスも与えられる。」~本書より









 愛が最高のリスクか・・・たしかに、そうかもしれませんね!









 



ブログランキングに参加しました。
もし、良かったらクリックして応援してください。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト


書評~ビジネス書等について | 15:04:04 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。