FC2ブログ
 
■プロフィール

maharasa

Author:maharasa
趣味やら仕事をごった煮で書いてます!
旅行先や、日々の日常の中でであったデザインや、いろんな本を読んで書評なども書いてます。


相互リンクお待ちしております!
コメントに、気楽に書いていただけたら、気軽にリンクかけておきます!

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■リンク
■にほんブログ村

にほんブログ村

■人気ブログランキング

人気ブログランキングへ

■グリムス

ブログパーツを育てて、実際の森へ苗を植樹するサービス。

■ブログの殿堂

ブログランキング

■最新トラックバック
■あし@

あし@です!

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■これまで訪問した人の数

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
これが、デビュー作というのだから・・・~オーデュボンの祈り-伊坂幸太郎
伊坂幸太郎さんの作品は大変好きで、良く読んでいますが
彼の才能は、デビュー作から輝いていました。


その作品が「オーデュボンの祈り」伊坂幸太郎/著です。

オーデュボンの祈り (新潮文庫)オーデュボンの祈り (新潮文庫)
(2003/11)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


今回は、再読です。

再読で、内容がわかっているのに、面白い!
これは、凄いことです。


噛めば噛むほど味が出てくる!のような現象です!


話の構成とかは、どこと無く、村上春樹の影響を受けているのかな?と感じさせますが、

違うんです!伊坂さんの作品は!


今回読んで、わかったのですが!
村上春樹は、徹底的にクールです、そして、芸術的な匂いがプンプンしています!

一方の伊坂幸太郎の作品には、人間くささが出ていて、普段着の延長上に、
作品の世界が存在しているんです。

だから、多くの人が共感しているんでしょう!

伊坂作品を読み終わると、心の中が温まります。

それも、人間くささがあるからだと思います。




この作品の中でも、良い言葉を残しているんだなぁ!





『「人の一生てのは一回きりだ」・・・
「楽しくないとか、悲しいことがあったから、なんて言って、やり直せねえんだ。

だろ。

みんな、一回きりの人生だ。わかるか!」
・・・「だから、何があっても、それでも生きていくしかねえんだ」』~本書より





なんて、すばらしいフレーズなんだろう!
また、無骨な言い回しが、人間くさくて、心にくる!





『人生っていうのは行列を作るようなものだ。
そうだろ?

ぎっしり並んだ行列だ。

知らない間に少しずつ進んでいて、いつのまにか、列の先頭に来ている。』~本書より




これも、いい言葉だ!
いい音を言葉が持っていて、すがすがしい!



本当に、オススメの本です◎
伊坂作品いいですね!





それにしても、しゃべる案山子である、未来の見える優牛は、
本当に、かわいそうだな、未来が見えるのに、何も出来ないのはつらいんだろうな、


僕らの未来も、やっぱり、伊坂さんの言うとおり、
「未来は神様のレシピで決まる」んでしょうね◎








ブログランキングに参加しました。
もし、良かったらクリックして応援してください。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト


書評~小説・物語 | 10:27:35 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
早速メモしました!
読んでみます
2011-08-30 火 08:24:14 | URL | コウママ [編集]
こんにちわ!
1回きりの人生、普段、すっかり忘れていますが、

過去を振り返った時、「あの時、ああしておけば…」って、
ならないように、生きていけたら、ベストですよねv-22
2011-08-30 火 13:06:27 | URL | 1000円カット☆berry [編集]
Re: タイトルなし
コウママさん

ぜひとも、読んでみてください♪

暖かい島の話が有りますよ◎
2011-08-30 火 21:36:08 | URL | maharasa [編集]
Re: こんにちわ!
1000円カット☆berry さん
そうですよね♪
しかし、なかなか・・・
反省しない人生って難しいんですよね。。。

自分なんで、反省ばっかりです。。。(泣)
(笑)
2011-08-30 火 21:39:11 | URL | maharasa [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。